トップページ >> コラム >> リレーコラム >> 第一回
リレーコラム

『G生でも取れた通訳資格−通訳案内士(ガイド)』 齋藤啓伸(14期)

 

日本の中学校を卒業して一般生(G生)として入学すると、まずショックを受けるのが帰国生との語学力(主に英語)のあまりにも大きな差だと思います。

 

ICUを受験するということは、英語が超得意であったはずの一般生・・・・。
しかしてその実体は・・・。
というくらい激しい語学力の差。それにめげて英語アレルギーになってしまう一般生も多いのが哀しい現実ではないでしょうか。

 

さて、私も入学第一週目に自分の英語力の限界を知り、落ち込んだ一人なのですが、最近になって「通訳案内士」なる資格を取ってしまいました。
以前は「通訳ガイド」と公称されていたのでこの名前で御存じの方のほうが多いと思います。

 

自分の英語はもうこれ以上伸びない・・・・とショックを受けてから20年。
なんと「通訳」の国家資格タイトルをゲットしてしまったのです。

 

「通訳案内士」は国土交通省主管の観光ガイド通訳の国家資格で、実際はJNTO(日本政府観光局)という独立行政法人により試験・審査が実施されています。

 

試験科目は2010年現在、@語学(英語・フランス語・中国語・韓国語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語)、A日本歴史、B日本地理、C一般教養(政治経済)の四科目で、一次の筆記と二次の口頭試問により合格者が決定されます。
以前は5%くらいの厳しい合格率だったのですが、最近は17%くらいに上がっています。

 

「通訳案内士」資格は日本国内において外国語で観光ガイドを行う場合には必ず必要とされる資格です。
現実には無資格の「闇ガイド」も多いのですが、通訳案内士の団体は観光庁に対して、闇ガイドの取り締まりを強化するように毎年働きかけています。

 

通訳案内士が他の通訳資格ないし通訳業務と異なる点は、語学に堪能であるだけでなく、日本の歴史や地理、観光知識、政治経済についても深い知識が必要とされるということです。
実際に私も通訳案内士試験の受験勉強では高校・大学受験生時代を思い出すくらい、歴史・地理・政治経済について勉強させてもらいました。

 

私がこの資格について今回書かせていただいたのは、ICUHSに入学してヘコンでいる(しまった)G生にとっては日本の歴史や地理、経済の知識で優位に立つことによって自信を取り戻し、語学堪能なF生、J生にとっては語学の勉強のみに終始することなく日本の歴史や地理、観光地の特色を学ぶ事によって、日本の各地域の素晴らしさに気付くことができ、日本という国の政治、経済に関する知識をアップデートし、日本の現状について客観的に見直して、正しい日本の姿を友人知人に伝える事が出来るようになる資格試験であるからなのであります。

 

紙面が尽きてきましたが、外国からわざわざ日本を訪れたくれた人びとに日本の良さをアピールでき、アニメや映画では分からない日本の真の姿をプロとして説明できる「通訳案内士」資格、取得されてみてはいかがでしょうか。

 

<参考サイト> JNTO(日本政府観光局)のホームページ www.jnto.go.jp/jpn

 

『あの時、何をしていましたか?』 櫻山崇(14期)

 

2011年3月11日午後2時46分。大震災が東日本を襲った瞬間は、共同通信社仙台支社のトイレの便座に腰掛けていた。「いつまで続くのか」。ズボンを下ろした情けない格好のまま両足でふんばり、しばらく激しい揺れに耐えた。何とかズボンを引き上げ、急いで廊下へ。壁に亀裂が走り、ミシミシと天井に向かって広がるのを見た時には建物の崩壊も覚悟した。

 

ファイルに埋もれた固定電話を取り出し、警察署や海上保安署への被害状況の取材を開始。「こちらは完全に機能停止です…」。受話器の向こうの上ずった声を聞きながら振り返ると、黒い津波が家々をのみ込む様子がテレビ画面に映し出されていた。

 

ふと数日前の記憶が蘇った。ランチを楽しんだ仙台のサンモール一番町商店街のアーケード。雑居ビル5階の喫茶店では「つみきのいえ」という短編映画が上映されていた。水に沈みゆく街で、積木を積み上げるように家の増築を繰り返す独居老人の物語。ずっと気になっていた作品だが、見たのはこの時が初めて。最後までじっくり鑑賞してから席を立った。今では、これが津波の予兆だったと思うことにしている。

 

 

あれからもうすぐ1年が過ぎようとしているが、初めて行った宮城県南三陸町の被災現場は今も忘れられない。木造家屋は基礎部分を残して姿を消し、むき出しの鉄骨には養殖ロープごと巻き付いた無数の牡蠣やワカメ。気仙沼市では墓石が流失し、住民が先祖の墓を探してさまよっていた。夏には倉庫から流された大量の魚が腐り、なんとも言えない異臭が被災地を包んだ。ハエが大量発生し、粉塵が舞う。夏の衛生状態は最悪を極めた。

 

被災地で見る光景は、今もあまり変わっていない。がれきは片付き、仮設住宅や仮設店舗が完成したが、かつての住宅地が遺跡のように風雪にさらされている。多くの人は失業し、将来展望も失ったままだ。特例で延長されている失業手当の期限切れも迫り、福島第1原発事故は終息の見通しすら立たない。あまりにも甚大な被害への対応に追われ、その場しのぎの政策を繰り出すしかない政府や行政。その姿は、水位が上がるたびに、屋上に新しい階を建て増す映画の主人公と重なる。

 

 

震災で岐路に立たされた日本の将来を占う上で、個人的に注目しているのが、大航海時代にスペインと並ぶ強国だったポルトガルだ。1755年のリスボン地震と大津波を機に国力が衰退し、今も当時の輝きを取り戻すことはできていない。日本と同様に面積が狭く、加工貿易国だったことを考えると他人事ではない。

 

新興国の英国に追い上げられていたポルトガルと、国際的地位が下降する日本の状況は似ているかも知れない。子ども時代を過ごした1980年代の欧州で見かけた街の看板は「TOYOTA」や「SONY」。しかし、最近は韓国企業の広告が目立ち、使用しているテレビや携帯電話も韓国製。前任地のイランでも、中国、韓国勢に対し日本の存在感は希薄だった。当時のポルトガルと今の日本を比較する取材ができればと思っている。

 

 

年末。再びアーケードの喫茶店を訪れると、相変わらず「つみきのいえ」が上映されていた。 

 


前のページへ戻る