トップページ >> インフォメーション >> 最新ニュース>> 過去の卒業式
イベント情報

過去の卒業式

第37回卒業式のご報告

 ICU高校第37回卒業式が、2017年3月15日に大学礼拝堂で行われました。同窓会では壇上花を贈呈し、役員2名が参列して門出をお祝いさせていただきました。今年の卒業式も、証書授与の際には卒業生の元気な返事、仲間たちのエール、そして笑い声が広いチャペルに響き渡るという、ICU高校らしい伸び伸びした楽しい雰囲気の中で執り行われました。
 中村校長先生は式辞で、ICU高校は帰国生にとって日本社会へのソフトランディングの場でありたいとおっしゃいました。また、生徒たちと共に学び、成長し、生きていく場所にするために先生方がそれぞれ日々努力していらっしゃるとのお言葉もありました。同窓会員の私たちにとって、時が経てば経つほどそうした先生方のお姿は、感謝と共に思い出されるものであります。
 卒業生の答辞では、ICU高校では勉強をすればするほど皆に認めてもらえる、育った環境や個性がそれぞれ違っても、すぐ打ち解けられ、お互いを認め合える学校だったという感謝の気持ちが述べられました。海外生活が長く、日本人らしくないことに迷いがあったというある生徒が、ICU高校に来てからそれが自分の個性だと自信が持てるようになった、というエピソードも紹介されました。バックグラウンドが違っても互いを認め合うことができるのは、世界各国から生徒たちが集まるICU高校の懐の深さゆえなのでしょう。
 在校生からは、「37期生は、自由奔放さと後輩を思いやる優しさを持ち合わせた存在でした」と感謝の気持ちが述べられました。恒例になりつつある、送辞を締めくくる応援団さながらの大エールは、きっと卒業生の心に大きく響き渡ったことでしょう。
 卒業生の皆さん、ICU高校の卒業生として、どうぞ立派に未来へ羽ばたいて下さい!

退職された先生方へのインタビューはこちら

中山順一先生

伊藤周先生

岩田洋先生

 

 

ICU高校第36回卒業式

 ICU高校第36回卒業式が2016年3月15日に大学礼拝堂で行われました。
 同窓会では壇上花を贈呈し、役員2名が参列し門出をお祝いさせていただきました。卒業証書授与者の名前が呼ばれる度に、卒業生の元気な返事と、仲間達のエールが広いチャペルに響き渡り、ICU高校らしい伸びやかで親しみやすい式典でした。
中村校長先生の式辞の楽しいエピソードがとても印象的でした。ある日、重そうなリュックを持った生徒がいたので中身は何が入っているのか聞くと、「未来に羽ばたくツールが沢山入っています。」と答えたというお話でした。「この話、卒業式に使っていいですよ。」と生徒が言うことからして本校らしさがにじみ出ていました。
 その後の在校生、卒業生のスピーチの中にも「未来に羽ばたくツール」は上手に盛り込まれており、そんな機転の利く生徒たちにスケールの大きさを感じずにはいられませんでした。 
 卒業生の答辞の中では、「育った環境の違う学生が多い中、基礎的なことでも本当にわかるようになるまで根気よく指導して下さった先生方のおかげで、のびのびと学習でき、貴重な財産をいただいた」とありました。かつて自分が簡単な漢字もおぼつかない9月生として編入した折にも、古文の楽しさ、古典から学べる日本語の美しさを丁寧に教えて下さった先生がいらしたことを思い出しました。
 在校生からは、「36期生は楽しさを分かち合い寄り添ってくれる存在だった」と感謝の気持ちが述べられました。送辞最後の応援団さながらの大エールは、きっと卒業生の心に響き渡ったことでしょう。
 卒業生の皆さん、ICU高校の卒業生として、立派に世界へ羽ばたいて下さい!

 

退職された先生方へのインタビューはこちら

佐藤久隆先生

松本光正先生

 

 

ICU高校第35回卒業式

ICU高校第34回卒業式 ICU高校第35回卒業式が2015年3月14日に大学礼拝堂で行われました。同窓会では壇上花を贈呈し、役員2名が参列し門出をお祝いさせていただきました。

 35期生の皆さんはとても和やかな表情で卒業の日を迎えられ、その明るさの中に未来への緊張、高校生活の名残惜しさが見え隠れしているようでした。中村校長先生の力強いお言葉での式辞から始まり、在校生からは笑いあり、涙ありとまるでトークショーのような楽しい送る言葉、そして卒業生からは堂々とした2カ国語でのスピーチで、ICU高校生らしい明るさと凛とした強さに溢れるものでした。

 私は役員として参加していましたが、気がつくと引き込まれ卒業生よりもご父兄の方々よりも感動して大泣きしてしまいました。

 35期生の皆さん、ICU高校の卒業生として、立派に世界へ羽ばたいて下さい!

 

ICU高校第34回卒業式 卒業式に引き続いて大学食堂で行われた父母会主催の謝恩会で、同窓会は3月いっぱいで退職なさる有馬平吉先生(キリスト教科)と、古畑晶先生(数学科)に花束を贈呈致しました。

 

ICU高校第34回卒業式

 

退職された先生方へのインタビューはこちら

有馬平吉先生

古畑晶先生

 

 

 

ICU高校第34回卒業式

 ICU高校第34回卒業式が2014年3月15日に行われ、251名の生徒が卒業しました。同窓会は壇上花を贈呈し役員2名が参列しました。34期生の入学式は東日本大震災の影響で高校体育館で行われましたが、卒業式は例年通り大学礼拝堂で滞りなく執り行われました。

 在校生代表の言葉や卒業生代表の言葉はどちらも個性的で、笑いのツボを得た話術で会場は笑いに包まれました。また、中村一郎校長の式辞の中で「これからは愛される人から愛する人になりなさい」「ICUHSでは、帰国生は海外で、一般生は高校でそれぞれマイノリティーの立場を経験しているが、それはこれからの人生の中で大変貴重な経験になる」という言葉が心に響きました。

 卒業式にひき続いて大学食堂で行われた父母の会主催の謝恩会で、同窓会は3月いっぱいで退職なさる正田茂先生(理科)に花束を贈呈いたしました。

 


ICU高校第34回卒業式 ICU高校第34回卒業式 ICU高校第34回卒業式

ICU高校第34回卒業式 ICU高校第34回卒業式 ICU高校第34回卒業式

 

 

第33回卒業式および謝恩会のご報告

 2013年3月15日、優しい日差しが降り注ぐ中、国際基督教大学高等学校第33 回卒業式が執り行われました。同窓会からは2名が出席をさせていただき、式の間中エネルギッシュな33期生にたくさんのパワーをもらいました。

 

 33期生のみなさん、卒業おめでとうございます。同窓会へようこそ。皆さんのパワーをこれからもぜひ発揮していってください!

 

<33期卒業生の皆さまへのお願い>

 卒業後に住所の変更などがありましたら住所変更の手続きをお願いいたします。同窓会から発行されるNews Letter(例年、秋頃に発行)や同窓会からのお知らせ等は卒業時の住所に送られます。送付先に変更のある場合は早めにお知らせください。手続きの方法については、トップページ最下部の赤枠をクリックしてご参照ください。

 なお、今年度の総会(2013年10月26日(土)開催!)のご案内につきましては卒業時の住所に送付されますがご了承下さい。

 


第33回卒業式 第33回卒業式

 続く謝恩会では、退職なさる和田雅史先生(保健体育科)、志賀久子先生(数学科)に同窓会より花束を贈呈させていただきました。先生方から同窓生へのメッセージを頂戴いたしました。こちらをご覧下さい

 

和田先生

志賀先生

 

 

 

第32回卒業式および謝恩会のご報告

 国際基督教大学高等学校第32回卒業式が、3月15日に大学礼拝堂で行われました。同窓会は例年通り壇上花を贈呈し、役員2名が参列しました。昨年は地震の影響で日時や会場が変更になりましたが、今年は天候にも恵まれて、式は滞りなく執り行われました。

卒業証書授与は、ひと頃より落ち着いた雰囲気で粛々と進められましたが、先生方と卒業生との間の良好な関係をうかがわせる和やかなムードが終始漂っていたことが印象的でした。中村校長先生の式辞、在校生の言葉、卒業生の言葉はどれも素晴らしく、参列者全員の心に響くものでした。

卒業式にひき続いて大学食堂で行われた父母会主催の謝恩会で、同窓会は3月いっぱいで退職なさる前中榮子先生(芸術科)、雨宮博美(保健体育科)に花束を贈呈いたしました。定年退職なさった前中先生には後日お言葉をいただく予定ですので、是非ご期待ください。


第32回卒業式および謝恩会のご報告 第32回卒業式および謝恩会のご報告 第32回卒業式および謝恩会のご報告

第32回卒業式および謝恩会のご報告 第32回卒業式および謝恩会のご報告

 

 

ICU高校31回卒業式

 2010年度ICU高校卒業式に参列してきました。今年は地震の影響で延期になり、体育館での式となりました。体育館は、地震当日、帰宅できない生徒達が泊まったところでもあります。例年の卒業式ではクラスごとに趣向を凝らした授与式が繰り広げられますが、今年は学年で募金活動を組み込み、生徒達の地震で被災された方々に対する優しい思いやりと応援したいという心意気を感じました。これからの活躍に期待したいと思いました。また、今年退職される先生達はみなさん卒業生に囲まれ、別れを惜しみました。同窓会ではお花をお渡し致しました。コメントを頂いていますので、そちらもご覧下さい。

お世話になりました、ありがとうございました!

 

古林信和先生(数学科) comming soon!

早川榮一先生(外国語科)

野田晴子先生(外国語科) comming soon!

竹田照子先生(司書教諭) comming soon!


第31回卒業式 第31回卒業式

 

 

ICU高校30回卒業式

第30回卒業式 第30回卒業式

 第30回卒業式に会長他役員一名が出席致しました。
 役員にとってはもはや後輩というよりは甥っ子、姪っ子のようにしか見えない卒業生たちですが、ICUHSスピリットは健在で、賑やかな卒業式となりました。
 恒例のネクタイ投げは、チャペル前広場で行われ、花曇の空に金色のネクタイがキラキラと舞い上がりました。
 卒業生たちの今後の活躍が楽しみですね。


第30回卒業式 第30回卒業式

 

 

【ICU高校第29回卒業式】

 去る3月14日(土)、ICU教会において第29回国際基督教大学高等学校卒業式が執り行われました。
 同窓会からは2名が出席し、29期生247名の門出をお祝いさせていただきました。
 29期のみなさん、同窓会でお会いするのを楽しみにしています!


卒業式1 卒業式2 卒業式3

 

 

【ICU高校第28回卒業式】

 2008年3月15日に、ICU高校第28回卒業式が行なわれました。
 朝から一日じゅう晴れという予報通りの晴天に恵まれ、卒業式は大学の礼拝堂で午前10時から始まりました。父母の方々が拍手で迎えるなかを、在校生による威風堂々の演奏とともに、卒業生が入場して着席すると、パイプオルガンの演奏、賛美歌斉唱、聖書朗読、有馬先生による祈祷と式は進み、いよいよ卒業証書授与となりました。
 担任の先生が名前を読み上げ、長埜校長が証書を生徒一人一人に授与していきました。ひとクラス分の授与が終わると、そのクラスの生徒全員が起立し、担任と副担の先生方,また保護者の方々に感謝の気持ちをそれぞれ趣向を凝らした(?)方法で伝えていました。
 校長先生による式辞のあと、校歌斉唱があり、続いて在校生と卒業生の言葉となりました。
 卒業生の言葉に続いて、恒例になっているらしい「ネクタイ投げ」。卒業生全員が、あの沢庵ネクタイを首からはずして、一斉に頭上高く放り投げました。帽子のようには高く上がらなかったけれど、なかなか壮観でした。
 続いて、賛美歌、祝祷があり、式は滞りなく終わりました。退場する卒業生たちの中に、泣いている人はほとんどいませんでしたが、入場してきたときの緊張はすでに解け、みな晴れやかな、もしくは感慨深そうな顔をしているように見えました。今年もまた、ICU高校らしい卒業式に出席させていただき、周りの保護者の方々が自分と同じくらいの年齢になっていることに驚きを覚えると同時に、あのころのピカピカな気持ちを思い出し、また自分の中のリセットボタンを押させていただいた感じです。ありがとうございました。
 卒業生の皆さん、おめでとうございます。ICU高校の卒業生として、これから一緒に活動していきましょう!

1期 藤田敦子

卒業式1 卒業式2 卒業式3

 

 

2007年卒業式

3月15日に高校の第27回卒業式が行なわれ、同窓会は第27期の新しい会員を迎えることとなりました。

 同窓会では、活動への会員の理解や参加をさらに促進するために、今年から卒業生に《同窓会のしおり》を配布し、各クラス1名の同窓会係を選出してもらいました。27期生の皆さんの積極的な参加をお待ちしています。


 なお、転居された方は info@icuhs.org 宛てに新住所(期と氏名も忘れずに)をお知らせ下さい。届出がないと総会案内等が送付できなくなりますので、くれぐれもよろしくお願いします。

 

 

前のページへ戻る